--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/01/23

ドコモのスマホゲーがパズドラの丸パクリだと話題に…ドコモ「似ているようで違う」


1 : シャイニングウィザード(庭)@\(^o^)/:2015/01/23(金) 18:57:58.68 ID:qyiAFJC10.net ?PLT(15001) ポイント特典

パズルドロップを組み合わせて消し、洞窟のモンスターを倒して進む。大ヒットとなったガンホー・オンライン・エンターテイメントの
「パズル&ドラゴンズ」(以下パズドラ)と思いきや、そうではない。NTTドコモがゲーム開発会社のエディアと協力し、
昨年11月に投入したスマホ向けネイティブゲーム(端末とソフトだけで動作するゲーム)の第1弾「マジカルフリック」だ。

他社のタイトルを扱うプラットフォーム事業に徹していたドコモがなぜ、未経験のプロデュース事業に乗り出したのか。

「ネイティブゲームは見過ごせない規模に成長しているので、2012年12月のdゲーム開始当初から構想していた。
ただ、すぐにはできないので、人材の採用やノウハウを蓄積するなど、段階を踏んで準備してきた」(渡辺氏)

中途採用したゲーム業界経験者を中心に、プロジェクトが動き出したのは2014年3月ごろ。
第1弾のマジカルフリックは、開発元のエディア社と企画段階から打ち合わせを重ねてきたものだ。
開発会社とどのように収益を分配するかは非公表だが、ドコモはゲーム会社の開発費用を負担する形になるという。

後発のドコモが他社にない強みととらえているのが、既存のゲーム会社にない発想だ。

マジカルフリックは、プレイ画面や敵キャラクターなどがパズドラと酷似し、渡辺氏も「似すぎてしまった」と話すほどだが、
ドロップを一筆書きのように動かしてそろえてコンボ(連鎖)を狙うパズドラに対し、
マジカルフリックは上下左右にフリック(素早く動かす)し、ドロップを重ねて攻撃につなげる新しい仕組みを盛り込んだ。

「引っ張る」操作で大ヒットとなったモンスターストライクのように、独自のアイデアを継続的に配信できるかどうかが、大ヒットを生み出すカギになる。
第1弾のマジカルフリックは「まるでパズドラ」と揶揄されたが、自ら課題とする斬新性、新規性をさらにアピールできるか。ドコモの“素人力”が試されている。
http://toyokeizai.net/articles/-/58318

左:マジカルフリック
右:パズドラ








さすがにこれはヒドい 笑

しかしよくコレでGOを出したな

パズキンのパクリだろ

ヒット作が出ると似たようなのが乱造されるのは世の常だとは思うが、パッと見別物っぽくする努力くらいはしろよw 笑



まぁ人によってはおこがパクリ?と思う人もいるだろうね

見た感じパズルの盤面の操作は違うもののようにみえるけど
まさか画面上にモンスター並んでたら全部パズドラ!って言う



7 : リバースパワースラム(愛知県)@\(^o^)/:2015/01/23(金) 19:08:51.41 ID:2K2o49jT0.net
モンスターエッグアイランド






うまくパクった!ってのが売り文句になる
そんなのおかしいと思ってました

三国志パズル大戦をやるまでは

独自要素悉く糞とか尋常じゃねぇ

三國無双パクった戦国BASARAみたいにパクった上に独自要素を大量に盛り込めばそれで良いのに
ソシャゲー業界は何故かクローンを目指すんだよな

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。