--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/02/21

なぜミュージシャンは売れると妻をポイ捨て&不倫?ゲス極、ミスチル、GLAY

芸能界、とりわけ音楽業界には、川谷と同様に下積み時代を支えた糟糠の妻を捨てて不倫、再婚するケースが少なくない。その代表格が、超人気バンド「Mr.Children」の桜井和寿と元ギリギリガールズ・吉野美佳の例だ。

 ミュージシャンが売れた途端に妻を捨てて有名人女性と再婚する行為は、桜井にちなんで「桜井メソッド」とも呼ばれ、その一例を紹介する。

●「桜井メソッド」の誕生

 まず、源流となる桜井のケースを見てみよう。桜井の前妻は、ミスチルが所属するレコード会社・トイズファクトリーの元社員で、桜井より5歳年上だ。ミスチルをメジャーなバンドにするために、
対企業のタイアップ営業に駆け回るなど、無名時代の桜井を公私共に支えていた。

 しかし、ミリオンセラーを連発して超人気バンドへの階段を上っていたさなかの97年2月、桜井と吉野の不倫が発覚したのです。2人の出会いは合コンだったといわれています、ファンからも反発の声が上がった
特に、その相手が桜井のアーティストイメージとは異なるセクシータレントだったこともあり、桜井のみならずミスチルのイメージも大きくダウンさせることになった。
結局、ミスチルは桜井の不倫発覚後に一時的に活動を休止。その後、2000年5月に前妻と離婚した桜井は、同年翌月に吉野と再婚した。

●GLAY・TERUとPUFFY・大貫亜美

 桜井のケースをほぼ踏襲したのが、ロックバンド「GLAY」のボーカル・TERUとPUFFY・大貫亜美のケースだ。

GLAYのメジャーデビューは94年だが、TERUはその前年3月にファンの女性と“デキ婚”していた。当時は生活が厳しかったため、この元妻は親戚のつてを頼ってTERUに仕事を紹介するなど、下積み時代を支えていたという

「しかし、97年のシングル『HOWEVER』が初のミリオンセラーを記録してブレイク、GLAYが人気絶頂だった99年、写真週刊誌のスクープでTERUと大貫の不倫が発覚しました

 実は、TERUは98年に『音楽活動に専念したい』と、下積み時代を支えた元妻と別居しています。その際、元妻も『彼の邪魔をしないで見守りたい』と同意したのですが
この別居は大貫との不倫のためだったのではないかといわれています」(音楽ライター)

 結局、TERUは不倫が発覚した翌年に離婚
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160219-00010007-bjournal-ent&p=2














まあ、個々それぞれに事情があるだろうから何とも言えんが、
「糟糠の妻は堂より下さず」
だぬ


ミュージシャンなんて自己顕示欲の塊みたいなもんだからな
独善的て自制心の無いクズばかりだよマジで



ミュージシャンなんて自己顕示欲の塊みたいなもんだからな
独善的て自制心の無いクズばかりだよマジで
俺もソース



金がありゃサラリーマンだっていろんな女が寄ってくるし、
その中で好みのとやりまくるだろ


売れない時期は、女に食わせて貰ってるヒモで
売れると寄ってくる女片っ端から食い散らかす
バンドマンのあるある典型タイプじゃないっすか

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。