--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/10/09

【悲報】iPhone6sにはアタリとハズレがある事が判明! 電池のもちが悪い! 自分がハズレか調べる方法

「iPhone6s」やi「Phone6s Plus」を買った人にとって、非常に不安になる事実が判明した。iPhone6sには「A9」と呼ばれているCPU(コンピュータの頭脳)が搭載されているのだが、サムスン製とTSMC製(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co製)が存在する。

・ハズレはバッテリーのもちが悪い
購入者はどちらのA9がiPhone6sに採用されているか購入前にわからず、購入後でも専用のアプリで調べないとわからないようになっている。どちらの性能も同じなら問題ないのだが、サムスン製のA9は、TSMC製よりもバッテリーのもちが短いと指摘されているのだ。

・約2時間もバッテリーのもちに差
サムスン製よりも、TSMC製のほうが約2時間ほどバッテリーのもちが良いという。約2時間もバッテリーに差があるのは、かなりの差といえよう。そんな事実を知ったら、誰もがTSMC製のA9が搭載されたiPhone6sを買いたくなるだろう。

・アタリかハズレかを調べる方法
iPhoneアプリ『Battery Memory System Status Monitor』をインストールして起動。「System」画面に表示されているModelの項目によって、サムスン製かTSMC製かがわかる。

サムスン製: N71AP(6s) / N66AP(6s plus)
TSMC製: N71MAP (6s) / N66MAP(6s plus)
※ちなみにiPhone5シリーズでもCPUを調べられる

・どちらが手に入るかは運
もし自分のA9がサムスン製だったとしても、そのような理由でiPhone6sを返品したり交換してもらうことはできない。もちろん、壊れて修理に出して新品交換となったら、TSMC製A9のiPhone6sになるかもしれないが、それも運である。

・交換や修理はできず
つまり、私たちは購入前にどう頑張ったってサムスン製かTSMC製かを知ることはできないのだ。ちなみに、iPhone6sのなかには、液晶画面がやや黄色いものがある。通称「尿液晶」と呼ばれているもので、こちらも交換や修理はできず、泣き寝入りしかない。

http://buzz-plus.com/article/2015/10/09/iphone6s-a9/
キャプチャ678










iPhoneって粗悪品多いよな
買ったばかりで突然電源が落ちるし手順通りに対処してもダメだからネットから修理依頼しようと思ったら謎のエラー…

電話したらアはアップルのアとかやかましいし交換品も数日でボタン陥没w

なんじゃこりゃ


pple様のご用意なされた高級課金ガチャだぞ
信者ども文句言わずに有り難がって引かんかい



サムチョンiPhone6s w
当たりハズレとかある時点で買う気が失せるわな。

買う前に調べされてくれってアップルストアに行ったらそれは出来ないと拒否されたわ。
自分で品質バラバラの出しといて、肝心なことは拒否。
もう二度とiPhone買わない。

4Sの時、「電池の持ちが悪い!」って言ったら、「まだ交換バッテリーが来ていないので、本体ごと交換になります。新品か修理改修品かは選べません。」って言われて諦めた。
愛着あるしな。
結局、バックグラウンドで動いてる余計なサービスが原因だった。

わかったことは、iPhoneの交換は、ハズレを引くと修理改修品が来る。
誰かの使った物の改修品か、工場ではねた物の改修品かはわからんけどね。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。