--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/08/27

ワンピ、バカボンド、ベルセルク…"そろそろ結末が見たい"漫画は

■『ガラスの仮面』美内すずえ
1975年(昭和50年)から連載されている大河少女漫画。天才演劇少女・北島マヤの成長を描いた作品ですが、現在、いよいよ
大団円の前の最後の盛り上がりか!?といわれる段階まできております。さて、最終回は近いのでしょうか。

■『バガボンド』井上雄彦
1998年(平成10年)から連載されています。吉川英治の『宮本武蔵』を原案として、宮本武蔵の成長とともに、「剣の道」
「強さとは何か」を描いています。現在、巌流島の決闘に向けての準備が整いつつある段階ですが、最終回はいつになるでしょうか。

■『ベルセルク』三浦建太郎
1989年(平成元年)から連載されています。黒い騎士・ガッツの成長とその果てしないとも思われる戦いを描いています。現在、
小休止ともいえる段階ですが、その戦いはまだまだ先が長そうです。この物語はどのようにして、いつ終わるのでしょうか!?

■『釣りバカ日誌』原作:やまさき十三/作画:北見けんいち
1979年(昭和54年)から連載されています。建築会社の釣りバカ社員・浜崎伝助を中心に描かれるコメディー漫画です。
現在は、いったん引退を決意した鈴木一之助(スーさん)が社長への返り咲きを決意するなどのドタバタが起こっています。

■『浮浪雲』ジョージ秋山
1973年(昭和48年)から連載されています。幕末の品川宿を舞台に、問屋『夢屋』の主人「雲」の何物にもとらわれない生き方を
ひょうひょうと描いています。現在は、主人公の周辺の人物の生き方にスポットを当てた回も多くあります。

■『ONE PIECE』尾田栄一郎
1997年(平成9年)から連載されています。『週刊少年ジャンプ』を代表する漫画であり、世界中でファンの多い作品でもあります。現在は、
複雑に絡み合った三つどもえの戦いが繰り広げられていますが、この物語のラストはどのようになるのでしょうか。

■『BLEACH』久保帯人
2001年(平成13年)から連載されています。こちらも『週刊少年ジャンプ』を代表する漫画ですね。現在、死神の世界の存亡を懸けて
頂上決戦が行われています。これが最後の戦いのような雰囲気がありますが、果たして……というところです。

https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/18902/outline










さすがにこれはハンターハンターだろ


ベルセルクは妖精島やっとついたけど熱いね
ガッツが二度と得難いと感じる仲間達をグリフィスが悔しそうにみているのがいい
黄金時代編よりいいと思う


あと、キングダム

史実だと嬴政は人間不信になって李信は王翦の噛ませ犬になるんだろ?
んで実は王翦って謀反の意思は無い
秦が中華統一して楚の項羽が無双する
頑張ればあと1巻で終わるじゃん


完結したと聞いて安心して全巻買ってすっかりはまったぜNARUTO
オチがついてる漫画は落ち着いて楽しめてよろしい

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。