--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/01/01

移籍市場における評価額 トップ100!1位 メッシ 2位 Cロナウド


1 :Egg ★@\(^o^)/:2015/01/01(木) 08:30:56.00 ID:???0.net
1位と2位は同額でリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウド。
この時代の双璧として未来永劫語り継がれる選手であることは言うまでもない。
常に比較され続けている両者。評価額が同じであることは『Transfermarkt』なりの配慮と言える。
それは同額選手のランク付けにおいて、"年齢"や"評価額に至った早さ"などが考慮されていないからにある。

評価額の算出には「実際の移籍金」が反映されているように思われる。
しかしながら、メッシのように移籍せずともきちんと評価されるようになっている。

また実力があろうともベテランでキャリアが終盤を迎えつつあるように思われる選手の評価額は下がる。
わかりやすい例はズラタン・イブラヒモヴィッチだ。

優勝請負人として知られるイブラヒモヴィッチ。キャリアのほとんどで優勝を成し遂げているが、
彼の評価額が最高だったのは2009年の12月。

バルセロナ時代に4600万ユーロ(現在のレートでおよそ66.8億円)を記録している。
ミラン移籍と共に3000万ユーロまで市場価値は下落。その後持ち直したが、再び下降線を辿っている。

移籍先、タイトル、年齢によって評価額が変わっている事を示していると言える。
これらを総合的に勘案すると、メッシとロナウドの2人を超える可能性があるのは4位のネイマール、
6位のハメス・ロドリゲスの2人かもしれない。彼らは22歳、23歳と若く、これからも成長が期待できるかだ。

5位 アンヘル・ディ・マリア
国籍: アルゼンチン
所属クラブ: マンチェスター・ユナイテッド
年齢: 26歳
市場評価額: 6500万ユーロ(およそ94.7億円)

4位 ネイマール
国籍: ブラジル
所属クラブ: バルセロナ
年齢: 22歳
市場評価額: 7000万ユーロ(およそ102.0億円)

3位 ギャレス・ベイル
国籍: ウェールズ
所属クラブ: レアル・マドリー
年齢: 25歳
市場評価額: 8000万ユーロ(およそ116.5億円)

2位 クリスティアーノ・ロナウド
国籍: ポルトガル
所属クラブ: レアル・マドリー
年齢: 29歳
市場評価額: 1億2000万ユーロ(およそ174.8億円)

1位 リオネル・メッシ
国籍: アルゼンチン
所属クラブ: バルセロナ
年齢: 27歳
市場評価額: 1億2000万ユーロ(およそ174.8億円)

>>2以降につづく

http://qoly.jp/2015/01/01/top-100-most-valuable-football-players-in-the-world-by-transfermarkt-2015?part=10




2 :Egg ★@\(^o^)/:2015/01/01(木) 08:31:22.76 ID:???0.net
トップ100にランクインした選手たちについてもう少し掘り下げてみよう。

【クラブ】

<ランクインした選手の多いクラブ>
1位 バイエルン・ミュンヘン 13人 (最高位 11位 トーマス・ミュラー)
2位 バルセロナ 10人 (最高位 1位 リオネル・メッシ)
2位 レアル・マドリー 10人 (最高位 2位 クリスティアーノ・ロナウド)
4位 チェルシー 9人(最高位 15位 エデン・アザール)
4位 マンチェスター・シティ (最高位 21位 セルヒオ・アグエロ)

世界王者になったドイツ代表を多く抱えるバイエルンが首位。豊富な資金力とブランド力で選手を獲得するスペインの2強がこれを追っている。

<ランクインした選手が所属するリーグ>
1位 イングランド 34人 (最高位 5位 アンヘル・ディ・マリア)
2位 スペイン 24人 (最高位 1位 リオネル・メッシ)
3位 ドイツ 19人 (最高位 11位 トーマス・ミュラー)
4位 フランス 9人 (最高位 8位 エディンソン・カバーニ)
5位 イタリア 8人 (最高位 16位 ポール・ポグバ)
※ 残りはポルトガルとロシアから3人づつ、他リーグからの選出なし)

トップはイングランド。資金力は世界一であり、イングランドのプレミアリーグは最も潤っているリーグと言って過言ではない。
3割を超えており、2位のスペインとあわせると50%を超える。かつて隆盛を極めたイタリアはUEFAランキングの凋落が昨今の話題だが、
この評価額ランキングでも5位。4位のフランスは全てPSGの選手だ。

【国籍】

<ランクインした選手の多い国>
1位 スペイン 18人 (最高位 22位 セルヒオ・ラモス)
2位 ドイツ 14人 (最高位 11位 トーマス・ミュラー)
3位 ブラジル 12人 (最高位 4位 ネイマール)
4位 アルゼンチン 7人 (最高位 1位 リオネル・メッシ)
5位 ベルギー 5人 (最高位 15位 エデン・アザール)

ワールドカップ優勝のドイツよりも多くランクインしたのは前世界王者のスペイン。
しかしながら両国共に10位以内にランクインした選手はいない。
クリスティアーノ・ロナウドはポルトガルからただ一人のランクイン。
ポルトガルが「ロナウド頼み」と言われているのも頷ける話かもしれない。

<連盟別最上位>
AFC: 香川真司 (日本/221位)
CAF: ヤヤ・トゥレ (コートジボワール/64位)
CONCACAF: カルロス・ベラ (メキシコ/174位)
CONMEBOL: リオネル・メッシ(アルゼンチン/1位)
OFC: ウィンストン・リード (ニュージーランド/250位までのランク外)
UEFA: クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/2位)

アジアで香川以外に250位までにランクインしているのは、ソン・フンミン(韓国/250位)のみ。
なお、本田圭佑はソン・フンミンと同じ1232万ポンド(およそ22.8億円)と評価されている。

ランキングおよびそれに基づくデータは以上です。今後このランキングがどう変わるのか。
新たな新星が生まれるのか。2015年もサッカー界(およびQoly)から目が離せませんね!






ドイツってエジルやノイアーじゃなくミュラーが最高額なのか
シュバインシュタイガーは高そうだけどもう年齢があれか



本田より断然フンミンのが上だわw



ただ年齢考えると実質ロナウドが一位だよな
同時代で負けてるようじゃメッシが史上最高と言われることはもうないな



しかしクリロナのほうがどこ行っても活躍できそうだから高くてもよさそうなもんだが



クリロナ、世界的に今一番熱いドバイでプロモーション
メッシ、日本でそこそこのテレビ局でジャパンマネー荒稼ぎ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。