--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/04/27

キヤノン、ドローンにも載る小型&軽量の4Kカメラ「XC10」。約22万円

キヤノンは、業務用4Kカメラの新モデルとして、ドローンにも搭載できるコンパクトさと、1kgを切る軽量さを実現、
価格も大幅に抑えた「XC10」を6月中旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は22万円前後。

最高で4K(3,840×2,160ドット)、30p、305Mbpsでの記録が可能な小型4Kカメラ。CINEMA EOS SYSTEMでは高価で、
カメラも大きいという声に応え、価格を抑え、かつ軽量/コンパクトを実現した。ただし、CINEMA EOS SYSTEMのシリーズではない。

 同日にキヤノンが発表した、4K対応の業務用ビデオカメラ向けの新フォーマット「XF-AVC」に対応。
4K/30pの撮影が可能ながら、外形寸法は約125×122×102mm(幅×奥行き×高さ)と小型。
重量も本体のみで約930gと軽量。超ローアングル撮影や、車載、ドローンによる空撮など、多彩な撮影に対応できる。
レンズ交換はできない。

センサーは1インチのCMOS単板式で、有効画素数は動画で829万画素、静止画で1,200万画素。
従来のHD CMOS PROセンサーと比べ、有効画素全体の面積比は約6.8倍、1画素あたりの面積比は
約1.6倍に大型化。低照度でのノイズ低減、SN比の向上、ボケ味を活かした映像表現ができるという。

 採用しているレンズは、35mm換算で動画時27.3~273mm、静止画で24.1~241mmの光学10倍ズーム。
F値は2.8~5.6。8枚羽根虹彩絞りを採用。複数枚のUD/Hi-UDレンズを使い、小型化と色収差補正を両立。
インナーフォーカスタイプを採用し、群内部分群光学防振機構で、手ぶれを抑えながら4K画質を維持している。

 映像処理には、4K対応の新開発プラットフォーム、DIGIC DV5を搭載。記録メディアは、4K記録用に
CFast 2.0カードを採用。SDメモリーカードスロットも備えており、フルHD動画や静止画記録に利用する。

 XF-AVCでの記録は、4Kが解像度3,840×2,160ドット、コーデックはMPEG-4 AVC/H.264、4:2:2、8bitに対応。
フレームレートは29.97p、23.98pから選択でき、Intraフレームでの記録となる。ビットレートは305Mbpsと205Mbpsから選択。
フォーマットはMXF。

 1,920×1,080ドットでの撮影も可能。この場合はLong GOPで、4:2:2、8bitでの記録となる。
フレームレートは59.94p(50Mbps)、29.97p、23.98p、59.94i(いずれも35Mbps)から選択可能。フォーマットはMXF。

CINEMA EOS SYSTEMとの親和性も高く、12ストップの広いダイナミックレンジを持つ、Canon Logに対応。
ハイライトやシャドーのディテール調整ができ、カラーグレーディングの幅を広げている。

 高輝度部分を直線的に圧縮するのではなく、連続性を維持して圧縮する事で、800%の広ダイナミックレンジを
実現する機能も備えている。

 マイク入力、HDMI出力、ヘッドフォン出力、USB端子なども装備。背面にはチルト式の3型・103万画素TFT液晶モニタも装備。
ファインダーは備えていないが、モニタにかぶせるように装着する事で、モニタを見やすく、さらに自由なアングルで覗きこめる
ファインダーユニットが付属する。

c01.jpg
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150408_695827.html








話題のドローンで撮影とか楽しそうだけど、あれ落下とかしないの?
それが心配で今ひとつやる気が出ない。


常に浮上と落下が同時に行われている、つまり十分な高度があれば
落下とは言わず高度を下げただけ。

落下ではなく墜落のことかな


TBSの世界遺産のスポンサーがソニーからキヤノンにかわって
撮影機材も変更するらしいからこれで空撮映像撮るんだろうな

しかし最近ドローンの映像ばっかりで
そのうち事故って規制が来そう


この前も、道を歩いてたらドローンに尾けられた
振り向いてカメラをガン見したらどっかに行ったけど
あんまり気分の良いもんじゃないね

いずれにせよこの業界、これから伸びるよ。

一機150万だっけ?
1000万もあれば起業できるぞ。



デジタルカメラ、デジタルビデオは日本メーカの独壇場だったはずなのに、GoPro が登場して
以来、牙城が崩れている。GoPro はモニターも無いし片手ないし両手でカメラを構えて撮る、という
概念すら無い。

自転車だの、スキー、スノボ、自動車のハンドルや
ルーフ、タイヤの横、挙げ句の果てには猫や犬にまで取り付けられるよう周辺機器が充実している。

ドローン飛行機やヘリにつけてハイビジョンより奇麗な4K ビデオ画像を撮るのにGoPro ほど適しているカメラも無い。



あー日本のカメラメーカは何やってんだろ?って正直に思った。


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。